いろいろ試行錯誤したのですが、うまくいかなくて最終的に行なった手順が以下。

環境

  • Windows 8.1 64bit
  • node 4.0.0
  • npm 2.14.2

手順

  1. 素直にVisual Studioを入れましょう。SDKだとかServerのを入れる方法もありますが、私の環境ではうまく行きませんでした。今なら2015を入れるともれなく7GB消費されます(Communityバージョンで大丈夫です)。
  2. 依存関係をインストールするときはnpm install --msvs_version=2012。バージョンが2015であっても2012で平気なようです。どうやら2012指定だとVCBuildを探さずにMSBuildを探しているようです(挙動を見ていないのでわからないのですが、未指定だとVCBuild.exeが見つかりませんという旨の記述が出力され、実際にPC内には存在せず、代わりにMSBuildが存在したから)。
  3. 毎回msvs_versionなんて指定していられないのでnpm config set msvs_version 2012 --globalと打ちましょう。msvs_versionのグローバル設定が有効になります。設定値は%AppData%\npm\etc\npmrc という名前で保存されていました。